自転車ショップ

MENU

2010年は風水でいうところの八白土星中宮年なんだそうです。いったいどういう年なのかというと、八白土星というのは「土」の気を持っていて、土というのは「ためる」という運気を持っているんだそうです。つまり貯蓄がポイントの年なんだそうです。ひとことで言うと貯蓄運がある年だということ。少しずつでも継続して貯蓄するのがいいみたいですよ。貯蓄運と言っても「ためる」ということには、いいことも悪いことも「ためる」という意味があるというわけで、金運をよくするには、金運をよくするための行動が必要なのだそうですよ。風水で金運をよくするというと、黄色いものをどこかの方角に置くとか、財布を黄色いものにするといいとか、そんなことが一般的に広く知られていますよね。うちの夫もわりと風水が好きで、そういうことは気にするんですよね。財布売り場に行くとよく黄色い財布を見ていますが、なかなか気に入ったものがないみたいで、買えずにいるみたい。黄色ってちょっと目立ちますからね。風水師の李家幽竹さんによれば、この一年間の運気をつかさどるキーワードを知って、金運をアップさせる行動と、してはいけない行動というのを把握しておくことが大事なんだそうですよ。いくら運気がいいからといっても、ただボーッととしていては、自分の方にいい運気はめぐってこないってことなんでしょうね。夫には「風水なんて・・」と言っている私ですが、来年は私もちょっと勉強して、金運アップをねらっちゃおうかなと思っています。